アダルトサイト動画のDRMあり・なしとは何?永遠に裏AV動画を見るためには

DRMとはどういう意味?

まずDRMが何かについて説明したいと思います。正式には「Digital Rights Management」であり、日本語に訳すと「デジタル著作権管理」を意味しています。

各メーカーが制作して配信しているAV動画は、DRMの制限がかけられていることが多いです。AVを扱うサイトでも、違法なコピーやアップロードを禁止する目的でDRMを設定しています

AVを制作するメーカーさんや女優などにとっては、世の中に海賊版ばかりが溢れてしまっては死活問題です。AVが作られなくなれば、僕たちが性欲を発散させるコンテンツが何一つ残らない事態に陥ってしまいます。

しかし、すべてのサイトや動画がDRMによって保護されているのではなく、裏AV動画サイトの作品にいたっては全作品をDRMなしで配信していることの方が多くあります。

DRMなし・ありの違いとは何?

アダルトサイトの動画を確認していると、「DRMなし」「DRMあり」のように表示されています。これらの違いによって僕たちがどのような注意点があるか説明していきます。

DRMなしの場合

DRMなし、またはDRMフリーと表記されていることもあります。

DRMの制限がなければ、動画をパソコンやHDDなどにダウンロード保存さえしておけば、その動画配信が終了したり、サイトから退会したり、サイトが閉鎖することがあっても、動画ファイルが残っている限り永久に視聴することができます。

つまり、DRMなしのサイトや動画を選ぶことで、一生モノの裏AV動画を手にすることができるのです

DRMありの場合

では、DRMありの場合はどうなるかというとまったくの真逆になり、限られたサービス内でしか視聴できなくなります。

  • 購入したサイト内やアプリ内でしか見れない。
  • 動画の配信期限が終了したら二度と見れなくなる。
  • 退会やサイトの閉鎖をした途端に再生できない。

このような制限がかけられているので、DRMありの作品をダウンロードしたとしても、パソコン内ではなく利用しているアプリやマイページ上に保存されているに過ぎないシステムになっています。

なので、AV動画を購入という手続きを取ったとしても、実質は期限付きのレンタル作品を買ったにすぎないということです

結局どちらを選んだ方が良いのか?

もしお気に入りの作品をもう一度見たい、またはコレクションしていきたいなら、DRMなしのサイトや動画を選びましょう。入会したサイト先でダウンロードしておけば、退会後も回数制限なく見放題です。

ちなみに、当サイトで紹介している裏AV動画サイトは、すべてDRMなしで利用できます。無修正でありコレクションもできるなら、DRM制限が多い国内系のモザイクありのサービスよりも利用価値は高いと思われます。

ただし、ダウンロードした動画をアップロードすることは犯罪になりますので、個人のみでじっくり楽しみましょう。

 

おすすめの記事